自動車保険を見直そう

●自動車保険の種類と仕組み|見直しで安く?

◆自動車保険の種類とは?◆

 

自動車保険には、大きく分けて二つの種類があります。
一つは車を所持したら、強制的に加入させられる自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)。
そしてもう一つは、万が一、事故を起こした際の賠償金や修理代の負担軽減を目的に、任意で各保険会社の用意している保険に加入する任意保険です。
強制保険である自賠責保険は、掛金も少額ですが、事故の際に支払われる金額も少額で、傷害で120万円・死亡では3000万円・重度後遺障害には4000万円が上限です。
これだけでは双方の自動車修理代や、それ以上の損害賠償金は自腹となってしまいますから、多くの人達は、それ以外に各保険会社が用意している自動車用任意保険に加入しています。
掛金や支払われる金額は、保険会社の設定や補償内容によっても違ってきますが、基本的に若いほど掛け金が高く設定されており、無事故が続くと徐々に掛金が下がります。
逆に、事故で保険を使うと、次の更新から掛金が高くなります。
任意保険は、人身だけでなく、対物補償にも対応しているのも特徴でしょう。
余分に掛金を支払うことで、相手の車や壁、電柱などが補償内容に含まれたり、自損事故(自分一人で電柱や壁などにぶつけた相手が存在しない単独事故)の修理代が保証に含まれたりといった様々なコースが用意されています。
任意保険で用意されている補償は以下のとおりです。

 

・対人賠償補償
・対物賠償補償
・搭乗者傷害補償
・自損事故補償
・無保険車傷害補償
・車両補償(自分の車)
・人身傷害補償

 

◆自動車保険の等級の仕組みとは?◆

 

車を運転している人の中には、「まだ一度も事故を起こした事がないよ」といった人や、「もう3回も事故を経験しちゃったよ」なんて言う人、様々いらっしゃると思います。
けれど、もし、そんな方達の自動車保険の保険料がみんな同じ金額だったら、なんとなく不公平な気がしませんか?その不公平さを無くす為に作られた仕組みが、「自動車保険の等級」です。
それでは、自動車保険の等級の仕組みとは、一体どう言ったものなのでしょう。
まず、初めて自動車保険に加入する際は、「6級」からスタートします。
そして、無事故であった場合には、1年ごとに1等級ずつ上がって行き、最終的には20等級まで上がります。
けれど、もし途中で事故を起こしてしまったら、3等級下がる仕組みになっていて、最終的には1等級まで下がります。
例えば、やっと10等級まで上がったと思った年に事故を起こしてしまったら、7等級になってしまうと言う訳ですね。
それでは、等級が上がると何が有利かと言うと、それだけ安全運転を行っているドライバーと言う事で、保険料がかなり安くなるメリットがあります。
自動車保険に加入して1年間無事故で7等級に上がっただけで20%も割引になったり、16等級ぐらいになると約半分の割引をしてもらえるようになったりします。
逆に、加入時の6等級から事故を起こして3等級下がると、約30%も保険料が割増になるのです。
自動車保険を安くする為には、常に安全運転を心掛けて、この等級を少しでも上げる事が一番だと言えるかもしれませんね。

 

◆自動車保険を見直すと安くなる可能性がある?◆

 

最近の節約傾向から、今までずっと同じ自動車保険を継続してきたけれど更新をきっかけに新しい自動車保険に加入した、といった話を良く耳にするようになりました。
それでは、本当に自動車保険を見直すと安くなる可能性があるのでしょうか。
まず、自動車保険を見直して安くなる可能性があるケースとしては、長い期間、同じ自動車保険を継続してきた、補償の内容がよく判らないまま契約していた、と言った場合です。
これらの場合には、実は必要のない補償まで付加していて、高い保険料を払っている可能性が高いでしょう。
また、以前はどの会社で自動車保険を契約しても、補償の中身も保険料も殆ど同じでしたが、ここ数年で自動車保険は急激に変化し、各社が競って新しい補償や特約、割引などを付けてきました。
インターネットも普及して、個人で自由に補償内容をカスタマイズしたり、複数社に一斉に自動車保険の見積もりを依頼したりする事も可能となったのです。
そう言った理由もあり、自動車保険を見直すと、保険料が安くなる可能性も高いと言えそうですね。
ただし、自動車保険を見直す前には、付加する補償が自分に本当に必要か、必要ないのかをきちんと調べる事が重要です。
やみくもに良さそうだと思う補償を付加していけば、現在の保険料よりも高くなる可能性も否定出来ません。
きちんとした自動車保険を選択する事が出来れば、保険料の節約に繋がるかもしれませんね。